治療と⽣活のサポート

脊髄性筋萎縮症(SMA)と診断された患者さんやそのご家族にとって気がかりなのが、医療費や日常生活上の困り事、介護の問題など、経済的・身体的・精神的負担の数々です。そうした負担を少しでも軽くするためには、公的な支援制度の活用が欠かせません。

SMAは国が定める「指定難病」「小児慢性特定疾病」ですので、その治療にかかる医療費を助成してくれる制度があり、そのほかにもたくさんの公的な支援を受けることができます。ここでは、SMA患者さんやご家族が利用できる支援制度や地域の支援事業などの概要をご紹介します。まずはどのような制度があるかを知ることが、不安を和らげるための第一歩になるかもしれません。

より詳しい情報や最新の情報は主な支援制度のお問合せ先をご参照の上、それぞれの担当窓口へご確認ください。

説明の補足画像

2021年8月作成